バス釣りTIME

目指せロクマル。バス釣りについて考えた事をアウトプットし、シェアします。

河口湖釣行 夏 その2

 

f:id:tpfisherman2008:20170817210842j:plain

こんにちは。

 

UNIです。

 

8月中旬。朝一で河口湖へ行ってきました。

 

連日の猛暑からの雨。

 

ローライト、小雨でとても雰囲気がよく、釣れそうな湖面。

 

そして結果は、、、

 

f:id:tpfisherman2008:20170319223959p:plain

ボウズ!

 

一休さん出番多すぎる・・・

 

正確にはワンバイト、ノーフィッシュ。

苦しい、、、

河口湖は難しいぜ。

 

ブログ情報によると、オカッパリはかなり釣れていたらしい。

 

ロクマルも出てた!

 

同じ事をやっているハズなのに、なぜこんなにも釣果に差が生まれるのか。

 

もちろん場所や、タイミングの違いも影響していると思う。

 

しかし、同じようなウィードにジグ打ってても、

 

ポケットに入れようとか、ウィードの切れ目に入れようとか、

 

細かい考えや判断の差が、きっと釣果に出てるんでしょうね。

 

合ってることをやれば、バスは必ず釣れるって、青木大介が言ってた。

 

 

 彼がオカッパリの時に、どのような事考えながら釣りしているのかとても参考になります。

 

 

f:id:tpfisherman2008:20170817211233j:plain

 

場所の選択

 

今回は最近足を運んでいないポイントを中心に回りました。

 

ハワイ、豆腐岩、橋下、浅川、溶岩帯

 

ウィードを探り、ジグで打つスタイルを軸とし、

 

ペンシルやバズベイトなどのトップを使いながら周りました。

 

反応したのはジグ。

 

夕立で出来たインレット、ウィードの複合ポイント。

 

打って、着底と同時に、

 

コンコン

 

シーン

 

再度打つも、反応なく。

 

やはり、ウィード単独ではなくて、その他の要素が混ざっているポイントにいるんだと改めて実感。

 

 

場所ごとの風裏、隠れインレット、ウィード、ワンド、地形変化などの

 

特徴を把握して、

 

風や天気に応じて可能性が高そうなポイントに入ることが出来れば、

 

ベストなんですかねー。

 

今は減水中だし、湖を一周釣り回ってみようかな。

 

まとめ

ウィード+アルファなポイントを探す

さらなるポイントを開拓する

より考えながらキャストする

 

次回は久しぶりのボート釣行予定。

楽しみー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河口湖 釣行 サマー!!

f:id:tpfisherman2008:20170618225602j:plain

こんにちは。

uniです。

 

7月下旬。

前回の釣行より季節は進み、完全に夏となりました。

 

暑っ!

 

そして、今回の結果は、

 

f:id:tpfisherman2008:20170319223959p:plain

ボウス!

 

完璧に夏パターン。

この猛暑で魚はバテバテだったのでは?

 

f:id:tpfisherman2008:20170414220421p:plain

〇狙ったポイントは

 

インレット

シェード

ウィード

 

水温も上がり、釣行前には雨も降らず、晴れの日が続いておりました。

 

そのため、インレットにはかなり期待をもってましたが、撃沈です。

 

風がよく当たる岬付近のウィードもノーバイト。

 

とあるディープ隣接のウィードの中に見えバスを発見。

 

スピナーベイトで前方通過すると、ちょこっと反応。

 

ジグを目の前に落とすも、無反応。

 

少し時間を空けて入り直し、

 

今度はサイレントのバイブレーションでリアクション狙うも、もうバスは居ませんでした。

 

おいおい。

何がハイプレッシャーレイクだよ。

その通りじゃねーか。

 

シャローにはコイがはたいていて、バスの気配ゼロ。

次回はコイのいないインレットか、流れプラスシェードを狙おうかな。

 

f:id:tpfisherman2008:20170811111223j:plain

〇メインベイトは

オイカワ

ハス

エビ

 

を想定してルアーセレクト。

 

スピナーベイト

ジグ

バイブレーション

ジャークベイト

ペンシルベイト

羽根モノ

 

上記二つは産卵期のようで、有力でしたが。

 

撃沈

 

まず、コイが暴れているため、シャローに小魚は居ないのでは?

 

見えバスにはスピナーベイトが反応したので、横の動きはかなり良さそうと思った。

 

 

〇まとめ

ポイントの開拓が必要!

 

シャロー以外のインレットやウィードなど避暑地的な場所

 

次回も夏パターンで攻める!

 

獲るぜ!夏バス!

 

河口湖釣行 初夏2 モンスター捕獲!!

f:id:tpfisherman2008:20170702062424j:plain

 

こんにちは。UNIです。

前回に引き続き、河口湖モンスターを捕獲することができました。

 

サイズは…

 

これよ! これこれ! 55cm!

 f:id:tpfisherman2008:20170702072849j:image

f:id:tpfisherman2008:20170702072903j:image

前回に引き続き、キーポイントにしたのはウイードとエビ。

 

今回の反省点と次回の対策をまとめます。

 

f:id:tpfisherman2008:20170702065339j:plain

〇選択がはまった!

ポイント選択は前回と同様です。

 

前回記事はこち

tpfisherman2008.hatenablog.com

 

今回は最初からエビパターンを中心に、ウイードを攻めます。

 

特に反応があったのが、ワンド~岬で風が当たる場所と、風裏の境目。

そしてウイードの切れ目でした。

 

ジグはOSPゼロワンジグの14g~7g。カラーはスモーク系をチョイス。トレーラーにポークを装着。

 

 

O.S.P(オーエスピー) ルアー JIG 1 STRONG 14g #GS15 スカッパノン

O.S.P(オーエスピー) ルアー JIG 1 STRONG 14g #GS15 スカッパノン

 

 

結果 2バイト、1フィッシュ。

 

痛恨のバラシは、フッキングまで持ち込んだものの、ファイト中にフックオフ・・・

 

突っ込みが激しかったので、初クラッチドラグを試してみたところ、手前に走られ、ラインテンションが緩み、フックオフしたのかと思われる・・・

 

グイグイかかるラインテンションが「フッ・・・」と消えるときのあの衝撃。

 

ドラゴンクエストのSFC版で記録が消えてしまうときの悲しさと似ています。

 

対策としてはHロッドで16ポンドラインだったので、もう少し強引にやり取りしてもよかった。

 

悔しいです・・・

 

f:id:tpfisherman2008:20170702070704j:plain

〇今回も朝一釣行

 先週に放流があり、例にかなって釣り人が激増。

 

朝5時で放流ポイントにはすでに4~5台の車が・・・

 

冗談だろ、河口湖

 

私はネイティブのビッグワン狙いだったため、入りたかったポイントには先行者おらず、快適でした。

 

日の出とともにポイントへ入った方がいいんですかね。

 

〇まとめ

・ウイード、エビパターンがハマり、釣果に直結した。

クラッチドラグは練習必要。

・ロッド、ラインにあったやり取りを選択する。

 

次はロクマル!!

 

 

 

 

河口湖 釣行 初夏1 アフタースポーン

f:id:tpfisherman2008:20170618225512j:image

お久しぶりの更新。

uniです。

 

5月初旬から体調を崩し、私用もあったりで思うように釣りに行けず・・・。

 

やっと釣りに行くことができたので、その結果を報告します。

 

結果は・・・

これだよ、これ!

f:id:tpfisherman2008:20170618225540j:image

f:id:tpfisherman2008:20170618225743j:image

 

56cm!アフター回復系のいい個体でした!

久々の50UPで満足できた釣行でした!

 

今日のファインプレーを忘れないうちに記載します。

 

 f:id:tpfisherman2008:20170618225602j:image

〇季節は初夏?!

最後に釣りは、4月下旬で、スポーニング本番の手前。

 

ほぼ2か月行ってなかったのか・・・泣

 

今回の季節は初夏。連日の猛暑で暑いかと思いきや、天気は曇り。気温は18度。

 

狙う魚は、アフタースポーンから回復しようと、エサを食っている個体と決めてました。

 

具体的には、

 

・水温はかなり暖かく、ブルーギルの産卵が始まっているようなので、それを狙っている奴。

・成長しかけているウイードの中にいるエビを狙ってる奴。

 

こいつらです。

 

 f:id:tpfisherman2008:20170618225618j:image

〇どうやって攻めるか

ブルーギルは、流れの緩やかな場所にある

①葦などのベジテーションの周辺

②水中の岩場

③水中のウィード

に着いているようです。

 

今日は東風の微風予報でしたので、風裏になりそうな、北側のワンドに入ろうと思いましたが。

 

減水の進行が半端ない泣

 

ベジテーションは消失笑

 

レジャーボートが多!

 

ポイントの選択に、迷走してしまったため、ギルパターンは終了。

 

★溶岩帯の風裏でもよかったかも。ただビッグベイトがスタックした時の絶望感に耐えられそうもない泣

 

ウィードがあるポイントであれば記憶にあり、また、目視でも確認できるため、エビ作戦に変更。

 

ウィードの中に入れて2アクションして、回収。をひたすら繰り返しました。

 

8時を回ると釣り人の数がハンパじゃなく、ポイントに思うようには入れません泣

 

プレッシャーの低いポイントを選び、ウィード中心で攻めます。

 

9グラムのブラック系のジグから、フォールスピードを落とそうと7グラムに変更し、さらにクリア系にカラーチェンジした所、、、

 

コンコン、グイーン

 

でたー!

 

ってな感じでした。

 

 

○まとめ

①狙う魚を完全に切り替えた事がよかった。

②反応無ければルアーローテーション

 

次回はもう夏になっていそう。

着実にロクマルに近づいてます!

 

 

 

 

 

春 河口湖釣行 その4 ゴイニー バイト!

f:id:tpfisherman2008:20170424072125g:image

こんにちは。

UNIです。

今季4回目の河口湖釣行に行ってきました。

浅川周辺では60UP、50UPと釣れている様子。

そんな中、今回の釣行結果は・・・

 

ワンバイト、ワンフィッシュ!

 

しかし、ワンフィッシュは二ゴイでした泣

 

ということで、

 

f:id:tpfisherman2008:20170319223959p:plain

安定のボウズです。

 

しかし、ワンバイト、二ゴイと徐々にバスに近づいている。

 

河口湖は今、桜が満開。春バスを狙える期間はあとわずかとなってきました。

 f:id:tpfisherman2008:20170424072006j:image

◎狙うポイントは

今回廻ったポイントは全部で5か所。

 

越冬場から近いシャローを意識して回り、鵜の島方面から奥河口湖までリサーチしました。

 

河口湖の水温は14度で、大橋方面と比較するとやはり低く、今一歩。今回は日当たりがよさそうな岬と風裏のワンドをチョイスしましたが、減水でストラクチャーが丸裸になっており、狙いが定まりにくい。

 

比較的に急深のポイントに入ってしまったため、次回は溶岩帯がらみのワンドに入ります。

 

各場所でワカサギが回遊しており、ワカサギが川を上ってました。二ゴイが釣れたか所も、鵜の島より東のインレットがらみ。しかし、見えバスは1匹もいませんでした。

 

それでも、魚の気配がありパワーを感じた場所でした。

次回もこのポイントを攻めます。

 

立ち回りとしては、1か所に1H程度の時間がかかりました。要所要所のストラクチャーやブレイク付近を意識してルアーを打ち込み、同じことを二度やらないように、手を変え品を変えアプローチしました。

結果は出ませんでしたが、結構効率よく回れたと思います。二ゴイが釣れたのもその結果でしょう(笑)

 f:id:tpfisherman2008:20170424071645j:image

◎使ったルアーは

I字系ルアー、シャッド、ミノーです。

ワカサギを意識したチョイスでした。

 

シャローにシャッドはボトムを早々にとりすぎ、ラインも4ポンドを使っていたので、根掛かりを恐れて積極的な使い方ができませんでした。その点フローティングミノー、I字形ルアーは非常に使いやすかったです。

 

今回は天気が曇り、午後の風が出てきたタイミングで、ブレイク付近にビッグベイトも

投入しました。

 

その他、スピナーベイト、バイブレーション、クランクベイトを使っていきました。

 

結果は阿修羅(ミノー)で二ゴイでした。

 f:id:tpfisherman2008:20170424071912j:image

◎次回の戦略は

今回の釣行で得た答えは、シャロー、インレット、わかさぎでした。

 

ワカサギは間違いなく食べているでしょう。60UPが釣れているのもI字形でしたし。

 

これから益々、シャローに入ってくることは間違いないです。

 

この3点を軸にシャロー中心にアプローチしていきます。

 

やはりメジャーレイク河口湖。釣り人が多く、目当ての場所に入れないことがあります。

 

しかし、午前中は午後と比較して、各ポイントに入りやすく、他人に左右されずに釣りができると感じました。

 

なので次回は、日の出から開始し、昼間に撤収するパターンで攻めます。

 

◎まとめ

シャロー、インレット、わかさぎの3つを軸に戦略立てる。

・日の出から開始し、ポイントに入れないストレス解消

 

そろそろ釣れてもいいと思います(笑)

捕るぞ!春バス!

BIG SHOT 5 金森 春 どうする河口湖

f:id:tpfisherman2008:20170414214549p:plain

こんにちは。

uniです。

 

今回はDVDの時間。

 

レビューしたいのは

 

「BIG SHOT5」

 

レイドジャパン金森 隆志、通称「カナモ」が

様々なメーカーのルアーを駆使し、バスを釣って見せるDVD第5弾です。

 

このシリーズの面白いところは、

①陸っぱりの釣りに特化したDVDである。

②なぜ今そのルアーをチョイスしているのかという考え方をレクチャーしてくれる。

③カナモがおすすめするルアーの紹介とその特徴から使い方までレクチャーしてくれる。

その3点にあります。

 

今回はDVDの内容を簡単に紹介しつつ、春の河口湖を攻める戦略を考えたいと思います。

f:id:tpfisherman2008:20170417220238j:plain

 

◎やっぱり冬からのつながり!

春編は千葉県の高滝ダム。関東屈指のメジャーフィールド。

平日でもアングラーが多く、ハイプレッシャーなフィールドです。

行ったことないですが(笑)

f:id:tpfisherman2008:20170417221514j:plain

 

撮影日はおそらく4月上旬で、プリスポーンの時期でしょうか。

カナモがエントリーしたのは本湖ではなく支流のカーブ。

 

ちょうどディープとシャローが隣り合わせになっているエリア。

 

おやおや?川村光大郎も同じこと言ってたぜ・・・

 

越冬場から水温上昇とともに、スポーニングを意識始めた個体がエサを食べやすいシャローに行きやすいポイント。それでいて、寒くなったらすぐにディープに戻れるポイントですよ。

 

みんな言ってることは一緒ですねー。

 

なので河口湖でのポイント選択は今まで通りの考え方でいきます。ただ、季節が進んでいるため、鵜の島方面も攻めていきます!

 

f:id:tpfisherman2008:20170417220503j:plain

◎春バスの動きは限定的

夏や秋と違って、春のバスの動きは限られ、本能というレールに沿って行動しているそう。

 

考えると、スポーニングという大イベントが控えているため、行動は限られます。

 

というのも、メスは卵産むために、エサを食べて栄養をつける必要があり、オスはネストを作るためにボトムに執着するからです。

どこにでもエサが食べやすい場所やネストを作る場所があるわけでなくて、場所の特徴を考慮すると春っぽい場所が絞り込めてきそうです。

 

なるほどっ!と感心しました。さすがカナモや・・・

 

なので、ラン&ガンはせずに、パワーのありそうな場所で粘るらしいです。この方はいつも粘ってますけどね(笑)

 

河口湖で、ランガンするよりも一か所で粘った方が逆に効率が良いのかもしれません。

 

悩むぜ・・・

 

f:id:tpfisherman2008:20170417221354j:plain

◎ルアーローテーション

朝、昼、夕方で食わせからリアクションまで、チョイスするルアーの選択を変えていました。

 

日光の強さ、水温上昇からの魚の動きなど、考えに裏付けされたルアーチョイスは見る価値があります。

 

春、非常に有効な釣り方もレクチャーしていました言われてみるとなるほどです。

もちろん、おすすめルアー紹介もあって、非常に参考になりました。

今回は春編のレビューですが、その他シーズンもハイプレッシャーレイクで釣りまくってます。

 ルアーローテーションは今後の課題で、毎回、同じことを繰り返してしまう傾向にあります。

次回はキャストポイントで、バスがどのようなシーンでバイトするのか具体的なイメージを持って、キャストします。

 

難しいぜ・・・

 

◎まとめ

・ポイントは春っぽい場所に絞って粘る。

・春バスの動きは限定的。

・食わせの釣りとリアクションの釣りを使い分ける。

 

理屈こねても釣れなきゃ意味ないんですけど、考えがハマった時の快感がたまんないですよ。。。

捕りましょう春バス!

 

 

春 千代田湖 その1 プリスポーン 撃沈

f:id:tpfisherman2008:20170417000446j:image

こんにちは。

uniです。

 

河口湖に行きたかったのですが、時間の都合がつかず汗

 

今回は千代田湖に3時間ほど行ってきました。

 

結果は、、、

 

f:id:tpfisherman2008:20170416232632j:image

ボウズ。

いやいやいや、さすがに凹みます。

 

天気は晴れ。夕方から開始し、釣り人の多さに出だしから、萎えました。

水温は17度でかなりいい感じ。

 

まずはインレットに入り、レイダウンとブレイク、水中の岩を狙って、ブルフラットのフォールで攻めます。

無反応。

 

次は、リアクションでと思い、インレットからのブレイクのボトムをバイブレーションで巻き巻き。

メタルバイブのリフトアンドフォールをするも。

無反応。

 

他の場所の様子を見たかったので、移動。岬の周辺へ。

 

王道のシャッドにチェンジ。

水深のある場所は岸際メインにトゥイッチ、トゥイッチ。
無反応。

 

シャローフラットをストップアンドゴー、トゥイッチ。

無反応。

 

対岸へ移動し、必殺のヤマセンコーでボトムの釣りへ。

無反応。

これで釣れなきゃダメだと思い終了。

 f:id:tpfisherman2008:20170417000607j:image

釣り人が多すぎて、入りたいポイントには入れず。ストレスが溜まります。

 

あと魚は一匹も見えませんでした泣。プレッシャーが強すぎたのかな?

 

聞く話だとシャローフラットでシャッドに3本出たとの事。

 

見た感じもスピニングで皆さんが同じ事をやっていそうです。

 

こんな時は周りがやっていない釣りをやりたいです。

 

去年は夜か、朝一しか来なかったので、昼の人の多さにびっくりしました。

時間帯は人の少ない朝一が好きです。

 f:id:tpfisherman2008:20170417000744j:image

湖の印象として。

水位は満水。水質も水温もいい感じで、シャローにガンガン差してきそうです。鯉のはたきも見られて、スポーニング始まってますね。

でもまだまだ釣れそうな雰囲気です。

 

ボウズですが笑

 

夜のトップが面白そうですが、時間的に厳しい泣

 

○まとめ

・プレッシャーがある場所、誰もやっていない釣りをやる。

・時間帯は朝一がストレスなし。

・スポーニング始まったが、まだまだ釣れそう。

 

河口湖のオカッパリもこんな感じでは。と嫌な予感がします。

来週は河口湖釣行予定です!

今度こそ、獲るぞ春バス!