バス釣りTIME

目指せロクマル。バス釣りについて考えた事をアウトプットし、シェアします。

初釣り!河口湖でデコリ

f:id:tpfisherman2008:20170319223959p:plain

3月中旬に初バス釣りに行ってきました。

 

結果はボウズ。

 

狙う魚はスポーニングのためディープからシャローに差してくるバス。

 

選択したポイントは越冬ポイントの湧き水エリア、溶岩帯エリア。それらの越冬場所に近いシャロー。

 

ディープのメタルバイブ、バイブレーションを中心に、シャローをシャッド、ビッグベイトでアプローチしました。

 

今後の対策を考えます。

 

f:id:tpfisherman2008:20170319224244p:plain

 

水温は上昇傾向。ポイントの選択は悪くなかった。

 

水温は6.5~7度。そろそろシャローに出てきてもよい水温。見えバスはなし。

 

後に選択ポイント近くのシャローで釣れてたことが発覚。予想通り、シャローに差してきている様子。

 

f:id:tpfisherman2008:20170319224251j:plain

 

◎もっとシャローにアプローチをすればよかった。

 

メタルバイブ、バイブレーションでリフト&フォールが中心でした。

 

前3日間が晴天で水温も上昇傾向であったため、もっと積極的にシャッド、ビッグベイトで越冬場により隣接しているシャローを攻めてもよかったかなと思っています。

 

次回はよりシャローにバスが見えることを期待して、i字系、シャッド、ビッグベイトやっていきたいです。

f:id:tpfisherman2008:20170319231354j:plain

 

◎根掛かりの恐怖で積極的になれない 

溶岩帯で、ルアーがスタックしまくりました。

 

ソウルシャッドとメタルバイブ、計3個をロスト泣

 

極めつけは、思い付きで板重りチューンをしたジョイクロをロープらしきものに引っ掛け、ロスト。

 

これはさすがに心が折れそうになりました。

時間という魔法で心の傷を癒し、勉強代として納得することにしています。

 

しかし、ある程度の技術(シェイクではずす、ラインをはじくなど)で回避できる部分もあるので、この技術も磨きたいです。

 

 

◎まとめ

  1.  より水温が上がりやすそうなシャローを狙う(風裏、日当たり、夕まずめ
  2. シャローを攻める割合を多くする
  3. 根掛かり回避の技術を磨く

 

次回は4月頃に釣行予定。この点に留意して、ビッグママを仕留めます。